お風呂・洗濯・食器洗い全てココナツ洗剤で一本化できます

ココナツ洗剤レビュー シンプルライフ

こんにちは、Flowです。

 

みなさんに質問です。

Q.ふだん何種類の洗剤やせっけんを使っていますか?

 

 

アタック、牛乳石鹸、柔軟剤、リンス、ビオレ…

挙げていくと結構な数になると思います。

 

もちろんそれぞれに特徴があり、お気に入りのにおい、気になる汚れが落ちるからなど理由が有って購入していると思います。

 

ただ、使う頻度も量も違うのでストックもそれぞれ考えて購入しなければならないので管理も大変になりがちではないでしょうか?

 

自分もかつてはお風呂用・台所用・シャンプー・リンス…それぞれ用意して利用していました。

 

想像してみて下さい。

家にあるせっけんや洗剤が1つだけで済むならどれだけ生活がシンプルになるか?しかも肌や環境にも優しく経済的なら試してみたくなりませんか?

 

そんな洗剤、

 

あるんです!

 

今回は僕が愛用してかれこれ4年になる”ココナツ洗剤”をご紹介します。

タイトルのようにお風呂(ボディー・洗顔・シャンプー)、洗濯、食器洗い全てこの”ココナツ洗剤”で済ませることが出来て超おすすめです!

 

ここではそれぞれのシチュエーションで使った際のレビューや使ってて気になったことも記してますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

万能のココナツ洗剤で家中の洗剤を1本化

用途によって変えて使っていた洗剤やせっけんを1本化するのって抵抗あると思います。

「本当にそんなことできるの??」って思いますよね。

 

僕もいきなりすべてをココナツ洗剤に変えたわけではなく、洗濯→食器洗い→シャンプー・洗顔・体洗いと順番に変えていきました。

 

そこで、以下ではシチュエーション別に僕が実際に使ってみたレビューをしていきます!

ココナツ洗剤使い方(筆者の場合)

まずは前提となる僕のスペックを記しておきます。

・男性、30代後半、一人暮らし、掃除・洗濯・炊事全部やります。

・職業:スポーツインストラクター、工事現場等の肉体労働

・休日はアウトドアなど外にいることが多い

ココナツ洗剤の使い方

販売元のHPでは用途によって希釈倍率が変わっています。

僕の場合↓

一律3倍にしたものに重曹(300mlに対して小さじ1~2程度)を混ぜてカラ容器につめかえて使っています。

ココナツ洗剤 小分け

ココナツ洗剤に代わる前の名残りをリサイクル

スケールで測ることはしません。だいたいの目安分量です。

ココナツ洗剤で洗濯

仕事が肉体労働で休みの日もサイクリングなどスポーツをする事が多いので洗濯物は汗や皮脂汚れが多い方です。

もとから汚れの目立たない濃い色の服しか持ってなかったのですが目立った汚れ残りは有りませんでした。(※白いワイシャツはわかりません)

洗浄力は合格です。

ただし、長梅雨で部屋干しして何日も乾かないときは匂いました。

男の一人暮らしなのでココナツ洗剤の量はアバウトで感覚で使っていましたが振り返ってみると販売元のHPの使用量目安(水60Ⅼ~70Lで40㏄)前後に収まってました。

スポンサーリンク

ココナツ洗剤で食器洗い

僕が使い始めたころ

「肌に優しいから洗浄力が弱いのではないか?」、

「中華やカレーの油の汚れとかちゃんと落ちるのかな?」

と思っていました。

 

しかし今ではそれまでの洗剤同様に使っています。

 

洗浄力は気になるところだと思うので具体的な例を挙げて改めて洗浄力を確かめてみました↓

 

”コメの入ったZIPLOCKのタッパー”に“いなばのレトルトバターチキンカレー”をかけて食べたものを洗浄↓

いなばバターチキンカレー

いなばのカレーはコスパがいい♪

ziplockタッパー

油汚れがしっかりついてます

↓↓↓
スポンジにポンプで2回洗剤を付け4、5秒洗ったところ「キュキュ」っと音がするまで油分が落ちました。

 


ココナツ洗剤でシャンプー

ココナツ洗剤を使用する前は重曹石鹸だったり、アレッポの石鹸だったりと色々な石鹸を使って自分に合うものはないか探していました。

しかし、どれも感動するほどの使い心地や髪に変化があったわけではなかったので抵抗なくココナツ洗剤に移行しましたね(笑)

 

使い心地というか使い始めは泡立ちの少なさが気になると思います。

そこは僕も気になるので泡立ちが少ないときは2度洗いしています。

 

感覚的なものですが洗浄力は

シャンプー1.5:ココナツ洗剤1

と言ったところでしょうか。

 

※洗った後でも油分がごっそり取れたキシキシ感が無いので洗髪だけで済ませてます。

 

ココナツ洗剤で洗顔と体洗い

シャンプーの感想でも触れたようにボディーソープなどと比べると洗浄力は低い気がします。

しかし、それは洗う回数で調整でき逆に肌が敏感な人には刺激が強すぎない為メリットにもなると思います。

 

僕の場合は体・顔それぞれ1度ずつ洗っていますが、汚れが落ちてないな~、とか臭いが気になるといった感覚は今まで一度もありません。

 

夏の暑い時期にはハッカ油を混ぜて使っていて洗った後はさっぱり&冷感でおすすめです。※人によっては刺激が強いこともあるので配分は少しずつ試しながら行ってください。
↓僕が使っているハッカ油です

ココナツ洗剤で掃除

お風呂・トイレ・フローリングで使っています。
・お風呂(湯ぶね)
使用後にすぐに掃除するのできれいに汚れはすぐに落ちます。
たまに翌日に掃除しますが一旦全体を洗い、3分後もう一回洗えばきれいに落ちます。
・トイレ
こちらも使用後に汚れていたら掃除するのですぐ落ちます。
・フローリング
ここを掃除するときは例外的に5倍くらいに薄めたものを使います。
霧吹きで撒いて、いらない布なので拭いて終わります。
べたつきとか違和感がないので水拭き、からぶきはしません。
※あくまで自己責任でやってます。
基本頑固な汚れが無いのでしつこい汚れに対してちゃんと取れるかはわかりませんが日常使いなら問題なく使えます、というか使っています。

ココナツ洗剤Q&A

ココ&ブルーシーさんのHPで様々な疑問に対する回答は掲載されています。

ここでは自分が実際に使って気になった疑問をピックアップしてそれに対する

回答のページのリンクを貼っておきます。

なぜそうするかは回答を見てもらえばわかるのですがとても親切に詳細を答えていて僕が解説する必要は無いと思ったからです(笑)

 

Q.成分は安全?

ココナツ洗剤の安全性

 

Q.環境の負荷は少ないの?

「ココナツ」が選ばれる8つの理由

 

Q.使っても泡が出ない・あるいは少なく感じる

界面活性剤って何??

補足↓

これは泡立ちのもととなる界面活性剤(植物性)の使用量が他の洗剤と比べて低いために起こる現象です。

石鹸やシャンプー、洗剤を使っている人が初めに使ったときの第一印象になると思いますが使い続けてみた僕としては問題ない。というのが率直な感想です。洗っていて汚れが落ちにくいなと思えば洗剤を足せばいいだけです。そうでないと4年も使いませんよね(笑)

 

・コスパはいいの?

僕が購入した過去の履歴になりますが年に1回(1ボトル4リットル)購入してますね。

男性一人暮らしで4リットル/年です。どのくらい薄めて使うかにもよりますが多くてもせいぜい2倍の8リットルといったところでしょう。

1ボトル(4リットル)=約2500円です。

なので洗剤代は今まで使い分けていた人には軽く半額以下にできるのではないでしょうか?

 

まとめ

身も蓋もありませんがもっと知りたい方は販売元のココ&ブルーシーHPへ行ってみて下さい。

とてもたくさんの情報が掲載されているので納得したうえで購入できると思います。

なによりもブルーシーさんのHPを見ると購入される方の不安や疑問にあいまいな返答ではなく科学的な根拠を挙げ、真摯に答えている姿勢に安心感を覚えます。

安心・安全、環境への配慮、コスパ、万能性の先にたどり着いた答えがこのココナツ洗剤です。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました