【元メカニックおすすめ】マウンテンバイクを街乗りする際のカスタムポイント解説!

自転車

こんにちは、自転車技師・自転車安全整備士のFlowです。

実は過去にバイクショップでメカニックをしていました。

 

今回はその経験を活かし、

マウンテンバイクを街乗りで使う際におすすめのカスタムポイントを皆さんにお伝えしていきます

 

マウンテンバイクって山用だから街乗りには向いてないのでは?

と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、場合によってはロードバイクやクロスバイクよりも街乗りで優れた面が有ったりします

 

  • これから街乗り用にスポーツバイクを買おうとしている人
  • 昔は山で乗ってたけど今は乗らなくなって倉庫に置きっぱなしな人
  • マウンテンバイクで通勤してみようと考えているけど街乗りだと不便なこともあるんじゃないかと不安な人

など

今までにマウンテンバイクに乗ってきた人もこれから乗り始める人も快適なマウンテンバイク街乗りライフを送ってもらえるよう解説していきます。

ポイント別にわかりやすくまとめたのでカスタムする際の参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

街乗りカスタムをする前に知っておきたいマウンテンバイクの特徴

マウンテンバイクの特徴を知らない事でせっかくカスタムしても長所を伸ばせなかったり、短所を補えなかったりしてはもったいない!

ということで、まずはマウンテンバイクの特徴を解説していきます。

他のスポーツ車と比べ乗車時の姿勢が楽

他のスポーツ車(ロードバイクやクロスバイク)と比べれば一番普通車(ママチャリ)に近い姿勢で乗れます。

腰への負担が少ないのでスポーツバイク初心者の人でも比較的乗りやすい

と言えます。

タイヤが太く、サスペンションが付いているので道が荒れていても気にせず乗れる。

あまりマウンテンバイクの事を知らない人にその特徴を聞いたとしても、「タイヤがごつごつしてバネが付いてる自転車」と答えると思います。

これこそマウンテンバイクの一番の特徴でしょう。何といっても”マウンテン”バイクですからね(笑)

太いタイヤ+サスペンションの組み合わせで荒れた道・段差をものともせずガシガシ進むことが出来ます。

スポーツバイクのサドルなので慣れてないとお尻が痛くなりやすい

マウンテンバイクを含む多くのスポーツバイクに言える事なのですが、サドルが細身でクッション性が余りありません。

これは足に干渉せず安定して漕ぐために突き詰めた結果だと思います。

長時間乗った後のお尻の痛みは初心者によくある悩みの一つです。

スポンサーリンク

マウンテンバイクを街乗りにカスタムする際のポイント

それでは上記に記したマウンテンバイクの特性を知ったうえでカスタムポイントを

効率性・快適性・安全性

の3点に絞っておすすめパーツと共に紹介していきます。

 

タイヤ交換で効率性を大幅アップ!

マウンテンバイクの象徴と言っても過言ではない太いブロックタイヤ。

山道などの未舗装路では頼もしい限りですが、街乗りで使うとなると漕ぎが重くなり無駄に体力が削られていきます。

街乗りには街乗り用ということでゴツゴツのないスリックタイヤに交換しましょう

タイヤの太さも様々なサイズが選べるのでスピード重視の人ならなるべく細めのもの、安定感・乗り心地重視なら太めのモノを選ぶと自分好みの乗り味にカスタムできます。

これでスイスイ進みます

 

10秒でできる快適性を上げる簡単なカスタム

乗車時の前傾姿勢がきつくないと言うことは体重の多くをサドルで支えることになります。

それに加え、先ほどの説明したようにマウンテンバイクのサドルは漕ぐことに重きを置いているので硬くて細いです。

そこで、サドルクッションの登場です。

筆者がバイクショップで働いていた時も初めてバイクを購入した人が初めて乗ったあとにそのまま来店し購入するのをよく見かけました。

サドルに被せてひもで固定するだけなので本当に10秒で快適性が上がります。

10秒でカスタム完了!

街乗りでは特に重要!保安部品の追加で安全性の向上を

今回のカスタムは”街乗り”ということなので歩行者・バイク・車などと道路をシェアすることになります。

なので保安部品は事故のリスクを下げるためにも重要です。

バックミラー

右左折、歩道から車道への移動、あるいはその逆など走っているとたくさんのシチュエーションで後方確認をする機会が有ります。

そんな時バックミラーを”補助的”に使うことでよりスムーズな移動を行う上でかなり役立ってくれます。

テールライト

道路交通法では夜間に自転車走行する際、後部には赤い反射板を取り付けるか、テールライトを”点灯”しなければなりません。

皆さん、こんな経験は有りませんか?

  • 夜車道を自転車で走っていると自動車にスレスレで追い越された。
  • 左折時に車に巻き込まれそうになった。

これは車から見ると自転車は本当に見えずらい存在だからです。いつ事故が起きても不思議ではありません。

筆者は夜間に街乗りをする人には強くテールライトの装着をおすすめします。

 

まとめ

マウンテンバイクが本格的に乗れる場所が少ない日本では地味に段差が多い街中でこそメリットを生かせ、ちょっとしたカスタムで街乗り仕様にできます。

特にこれからマウンテンバイクで街乗りを始める方は

快適性・安全性・効率性

の3つのポイントを押さえ、マウンテンバイクの長所を生かしたカスタムを心がけてみて下さい。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました